中途障害者の生きがいづくりの場 工房「羅針盤」・第2工房「羅針盤」

中途障害者の生きがいづくりの場 工房「羅針盤」

工房「羅針盤」 サイトマップ
中途障害者の生きがいづくりの場 工房「羅針盤」

工房「羅針盤」 メニュー一覧
施設案内
送迎ルート
ご利用までの流れ
中途障害とは
当事者の声
家族の手記
ショッピング
航海日誌
マスコミ報道
各施設のアクセスマップ
編集後記
リンク

地域との交流

友の会

お問い合わせ

工房「羅針盤」のポスターができました

聴いてよ!わたしたちの思い みんなの主張コンクール

大阪府高次脳機能障がい支援普及事業
2012年 大阪府高次脳
機能障がい支援普及事業
開催実績

知ったはりますか?高次脳機能障害のこと。浜村淳&桜井一枝チャリティーライブ
2010年 チャリティライブ
開催実績


2008年 チャリティライブ
開催実績


2006年チャリティライブ
開催実績


2002年チャリティコンサート
開催実績


旧年中賜りました一方ならぬご厚情に深謝いたします
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
平成二十二年 元旦
グループホーム「らしんばんの家」が開所しました
Loading...

中途障害・高次脳機能障害ってご存知ですか?

皆さんは、「中途障害者」「高次脳機能障害」っていう言葉を知っていますか?

人生半ばにして、ある日突然、病気や事故により障害を負うことを「中途障者」といいます。企業戦士、一家の大黒柱、主婦、そして未来ある若者。誰もが自分が障害者になるとは思ってもみませんでした・・・。

中途障害・高次脳機能障害とは

工房「羅針盤」は、グラスアートやオリジナルクッキーせんべい、木工製品の製作など、
利用者の方が親しみやすい創作アイテムをご用意しています。

「作業所に通う」ことは、自らアクションを起こすこと。これがまずあなたの勇気ある第一歩です。

障害の程度に係わらず、作業活動を通じて、身近な仲間とのコミュニケーションが始まります。
そして、社会とのつながりも生まれます。

 

私たちといっしょにもう一度人生にチャレンジしてみませんか。


ノーベル賞受賞記念の盾を作りました




現代社会の中で、病気・事件・事故との遭遇は、誰の身にも起こりうることです。だからこそ、高次脳機能障害を知っておくことは、大きな意味があります。
周囲の理解が広まれば、現在障がいを抱えながら社会復帰を目指す人たちも、もっと前向きになれます。
身近に起こる目に見えない障がい、高次脳機能障害へのご理解とご支援をよろしくお願いします。

工房「羅針盤」チラシはこちら 工房「羅針盤」ポスターはこちら
この啓発促進チラシは、平成27年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金によって作成されました。





工房「羅針盤」は、人生半ばで、ある日突然、病気や事故などで
障害を負った中途障害の人たちの支援施設です。

一人でも多くの人が生きがいと希望を持って暮らしていける街づくりを
目指して、市民や関係機関と連携しながら支援施設の更なる充実と
増設に精力的に取り組んでいます。

工房「羅針盤」パンフレットはこちら
このパンフレットは、平成25年10月から12月に実施された共同募金配分金を受けて作成しました。
府民(寄付者)のみなさまに感謝いたします。



中途障害者の施設づくりに向けて

私たちは中途障害者の新たな施設づくりを目指しています。

らしんばん友の会の活動を通じて、中途障害者の生きがいづくりと社会参加をすすめるための施設づくりを目指しております。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

友の会について



工房「羅針盤」施設案内アクセス案内リンク友の会中途障害者の現状
中途障害とは当事者の声家族の手記ショッピングお問い合わせ

Copyright© 工房「羅針盤」. All rights reserved.

らしんばん 工房「羅針盤」